python 018 交互作用

サイキットラーンの線形回帰において、データーの観察は重要です。入力と出力の関係に指数が影響しているならば、指数の入力を新たに用意する必要があります。ボストン住宅価格に指数のデーターを追加してあげます。R二乗スコアが0.92に改善しました。

サイキットラーンでの交互作用は、専用の関数が用意されています。PolynomialFeatures を使いましょう。便利です。

from sklearn import datasets
data=datasets.load_boston()
x=data.data
y=data.target
from sklearn.preprocessing import PolynomialFeatures
poly=PolynomialFeatures(2)
poly.fit(x)
x=poly.transform(x)
from sklearn.linear_model import LinearRegression
mod=LinearRegression()
mod.fit(x,y)
pre=mod.predict(x)
import matplotlib.pyplot as plt
plt.scatter(y,pre)
plt.show()
mod.score(x,y)

カテゴリー: python, サイキットラーン, リナックス タグ: パーマリンク